ご利用方法

塾ピタ

headermenu

「学童保育の代替として塾を選ぶ」

保護者の方々が帰宅するまで、安心して子どもを預けられる場所として塾を利用したい! 何よりも、お子さまがイヤがらずに、自分から進んで通える環境が大切です。
「どれだけ学習要素を盛り込めるのか」については、お子さまの意見を尊重しつつ、お子さまの学習体験がより有意義なものになるように、よく相談しておきましょう。

塾ピタ子
【見学前の探し方/実際に見に行った時の選び方】学童保育の代わりとして使える塾選びのポイントはこちらです!

ポイント①:「塾までの距離」

「近さを重視」

塾は学校とは違い「絶対に行った方がよいもの」という意識が薄くなりがちです。「疲れている . . . 雨が降っている . . . 」などのきっかけで、通塾することすら億劫になってしまうこともあります。

日頃の行動範囲や通塾手段を考慮して、確実に通える距離にある塾をピックアップしましょう。


「一緒に歩いて道のりをチェック」

塾に足を運ぶときには、実際の通塾手段で、家から塾までの道のりを移動してみましょう。通塾にかかる時間や危険なところを確認します。寄り道できてしまいそうなところなど、あらかじめ見つけておけると安心ですね!

ポイント②:「お子様のモチベーション」

「友達も行っているか」

低学年のお子様など、友達の存在が通塾のモチベーションになるなら、塾を選ぶ基準にしても問題ありません。ただし、本来の目標を見失わないように、「学習面の目標」については、お子さまとしっかり話し合っておきましょう。


「居心地の良さ」

お子様にとってなにより重要です。何時まで預かってもらえるか、おやつやお弁当の時間の有無も確認しましょう。教室の雰囲気は、子どもたちと先生とのコミュニケーションの様子からつかみましょう。実際に先生と話をしてみて、話題や距離感が合っていたかをお子さまに直接聞いてみるといいと思います。

授業の雰囲気は、授業形態(集団・個別)によって大きく異なります。実際に体験しながら、授業のペースや質問しやすい環境かどうかを確認してみてください。

ポイント③:「学習内容」

「お子様の興味を重視」

お子様がやってみたい、習ってみたい内容がカリキュラムにあるかを確認しましょう。小学校からの英語教育や、プログラミングの学習など、学校の勉強外に学べる内容まで含めて、学習のきっかけを探すのが大事です。


「学習の習慣化する仕組みがあるか」

まずは、塾の授業が、学校の授業の「予習」と「復習」のどちらを前提にしているのか、聞いてみましょう。もし、学校の授業に不安がある(苦手教科や分野がはっきりしている)なら、学校の授業の「復習」になるように、落ち着いたペースで進むところも検討してみてください。

ほかにも、自主学習のリズムをつくる上で、宿題も大切です。量や頻度、チェックがあるかどうかも聞いておきましょう。

ポイント④:「費用面」

「費用の上限を決めておく」

費用については、WEBサイトやパンフレットでは、具体的な金額を載せていない塾がほとんどです。塾の説明会に備えて、どれくらいの費用がかけられるのか、ご自身で目安を立てておきましょう。


「年間総額はいくらかかるの?」

通常授業の費用だけでなく、オプションの種類の費用を把握することが大切です。「授業料」に「テキスト代」が含まれていない、などということもあるので、注意が必要になります。通常授業以外にどんな費用がかかるのか、まとめて確認しておきましょう。

塾ピタ子
いかがでしたか?見学前の心構えと、見学に行った際の質問の準備をしっかりして、お子様に合う塾を見つけていきましょう