塾ピタ
見学予約を
追加しました
塾ピタ
headermenu
見学予約を
追加しました
close

塾を探す

塾ピタ登録してある方

お役立ち情報

「定期テストや検定対策ができる塾を選ぶ」

苦手科目や分野を克服して、定期テスト・内申書の点数を上げたい。検定に合格して、受験で評価されるポイントを増やしたい。お子様の努力が数値に表れて「目標」が達成されるまでには、長い道のりがあります。だからこそ、「目標」までのステップ一つひとつが大切です。塾の学習環境やサポート体制に重きを置きながら、お子様が意欲的に学習を進められる塾を探していきましょう。

塾ピタ子
【見学前の探し方/実際に見に行った時の選び方】定期テストや検定の対策ができる塾選びのポイントはこちらです!

ポイント①:「塾までの距離」

「時間と疲れを考慮して近い場所を」

お子様が成長するにつれて、習いごとや部活、遊ぶ時間などで、勉強に使える時間が少なくなる年頃です。「疲れている . . . 眠い . . . 」などの、ちょっとしたことが、学習意欲を低下させる要因になることもあります。日頃の時間の使い方や通塾手段を考慮して、確実に通える距離にある塾をピックアップしましょう。


「一緒に歩いて道のりをチェック」

塾に足を運ぶときには、実際の通塾手段で、家から塾までの道のりを移動してみましょう。通塾にかかる時間や危険なところを確認します。寄り道できてしまいそうなところなど、あらかじめ見つけておけると安心ですね!

ポイント②:「学習カリキュラム」

「目的のコースの有無」

まずは、目的を達成するためのコースがあるかどうかを確認しましょう。

・定期テスト対策講座(コース)
・各種「検定」対策講座(コース)

また、学校の勉強を持ち込めるように「自習室」の有無などもチェックしましょう。


「目的のコースの内容・充実度をチェック」

●定期テスト対策講座(コース)
定期テスト対策は、塾(校舎/教室)によって、大きな違いが出る部分です。

・通常授業時間に含まれるかどうか
・対策の形式(集団授業・個別授業・自主学習のサポート) ・学校別対策の有無
・無料・有料

たとえば、通常授業時間以外で無料の講座を開くところもあります。一見すると、おトク感がありますが、自主学習の時間が減り、ほかの科目の時間が取れなくなるなどのデメリットもあります。お子さまの自己管理能力に照らし合わせて、適切なタイプの講座(コース)を探してみてください。

●各種「検定」対策講座(コース)
「検定」に対する意識の高まりから、検定の対策講座(コース)を併設する塾も増えてきています。

お子様が検定を受ける目的によって、講座の内容を確認しましょう。検定を通して、ある教科や分野の理解を高めたいのなら、総合的に学べるところ。一方、検定をとることが目的なら、検定に特化した攻略法を学べるところを選びます。


●学習時間をつくる(自主学習を〇〇時間する)
大切なのは、お子さまの意欲を高める環境であること。授業のペースや質問しやすい環境かどうかは、体験を通して確認しましょう。授業の様子は、授業形態(集団・個別) によって大きくことなりますので、時間があるなら、どちらも実際に見てみてください。

また、自主学習のサポート体制も重要です。自習室の有無や質問対応できるかどうかも、併せて聞いてみましょう。

●学習を習慣化する(予習・復習リズムをつくる)
まずは、塾の授業が、学校の授業の「予習」と「復習」のどちらを前提にしているのか、聞いてみましょう。もし、学校の授業に不安がある(苦手教科や分野がはっきりしている)なら、学校の授業の「復習」になるように、落ち着いたペースで進むところも検討してみてください。授業の雰囲気は、授業形態(集団・個別)によって大きく異なります。実際に体験しながら、授業のペースや質問しやすい空気かどうかを確認してみてください。

ほかにも、自主学習のリズムをつくる上で、宿題も大切です。量や頻度、チェックがあるかどうかも聞いておきましょう。

ポイント③:「進路指導・合格実績」

「目指すレベルに合っていそうか」

合格者数の多い「主な合格実績」から、その教室(校舎)の「得意なレベル層」や「一緒に勉強する子どもたちのレベル層」をつかみ、お子様の目指すレベルと照らし合わせて、ひとつの判断材料にしましょう。もし、お子さまが上を目指すタイプなら、ややレベルが高めの環境も検討してみてください。


「進路の決め方、相談の機会は?」

●成績と特性に合わせた進路提案をしてくれる?
志望校を探すときには、大きく2つの軸があります。成績(内申点)や偏差値などのデータから、適正な志望校や併願校を探す場合、それから、子どもの特性など、数値的に測れないものから探す場合です。受験する学校におおよそのイメージがついていたら、異なる学習塾で同じ質問をして比較するのもよさそうです。

●面談など相談の機会はある?
希望する受験校対策が適切かどうかを相談したいときのために、学習塾と相談する方法を確認します。面談の頻度や、ほかにも、電話相談が可能かどうか、を聞いておきましょう。

ポイント④:「費用面」

「費用の上限を決めておく」

費用については、WEBサイトやパンフレットでは、具体的な金額を載せていない塾がほとんどです。塾の説明会に備えて、どれくらいの費用がかけられるのか、ご自身で目安を立てておきましょう。


「年間総額はいくらかかるの?」

通常授業の費用だけでなく、オプションの種類の費用を把握することが大切です。「授業料」に「テキスト代」が含まれていない、などということもあるので、注意が必要になります。通常授業以外にどんな費用がかかるのか、まとめて確認しておきましょう。

塾ピタ子
いかがでしたか?見学前の心構えと、見学に行った際の質問の準備をしっかりして、お子様に合う塾を見つけていきましょう